永代供養は現代の風潮

末期ガンの患者には、麻薬を打って痛みを散らす。

私の友達のお父さんがガンになり、もう治る見込みのないガンで、延命治療をしたり、麻薬を打って傷み(激痛)を少しでも減らしたりして、今生きています。
ガンも悪性ともなると、すぐに血液とともに転移し、どんどん広がっていきます。
治療でも、そのガンが何かにより、打つ注射も変わってくるし、麻薬も人間を助けてるんですよ…
もしそれがなかったら、おじさんは痛みで毎日毎晩苦しんで苦しんで、狂い死にしたでしょう。
痛みほとんどないだけでも違いますよ。
ただ、死を待つ心境はどんなだか、思いやられます。
いつも泣いてばかりいるのでかわいそうです。
とても真面目ないい人で、もっともっと長生きしてほしいのに、人間は体が弱アルカリ性だから、アルカリ性の食品を積極的に食べるようにしないと、酸性の物ばかり食べてるとガンになりやすいと言われます。

 

けど、私たちの口においしいとすぐに感じる物が酸性のものが多いので、今の日本人はあまりいい食生活をしているとは言い難いです。
昔の日本人が食べていたような、煮物(土の下に出来る野菜、海藻類など)を毎日食べるといいんですが、肉ばっかりとか、魚とか脂っこい揚げ物なんかを中心に食べてると、全然アルカリがなくて、ガンになります。
体の体液を酸性化させる、という食べ方がよくないんですよ。
インターネットなどでアルカリ性食品を調べるといいですね。こういうことは特に大切なことですから。
お探しにお困りであればがん治療が助けになります。