永代供養は現代の風潮

物置もやっぱり鍵がかかったほうがいいみたい

定年退職したおじいちゃんが家庭菜園本格派宣言をしました。
これからは家で食べる野菜栽培をすべて担うのだそう。
それは、助かりますねえ。
ただ、何事も形から入るおじいちゃん。
まだ何を育てるのか決まらないうちから、小さな耕運機を購入してました。
いや〜、うちの畑ってそんなに大きくないし。
それ以外にもあれやこれやと今までに使っていた物置があっという間に物で溢れてしまいました。
そこでおじいちゃん。
知り合いの大工さんに、物置を作るように頼んだのです。
おじいちゃんが敢えてお願いしたポイント。
・扉はつけずに、間口を広く
・南向きに建てる
・棚を壁一面に設置
それぞれおじいちゃんの想いが感じられますが、扉がないと物騒だし、雨が降ったりしたときに大変じゃないかと進言しました。
でも、逐一扉を開け閉めすると作業の効率が下がるから嫌だというのです。
ふ〜ん、まあいいでしょう。

と考えてから、2ヶ月半経った時のこと。
耕運機と、更に一緒にしまっておいた新品のスタッドレスタイヤが盗まれました。
オーマイガッ!!
結局、大事なものは古い物置に仕舞って、しっかりと鍵をかけることに。
「人のアドバイスは聞いとくもんだよ」と思いつつ、あまりにもがっかりしているおじいちゃんに向かっては直接言えないのでありました。
評判のいい物置へご一報を下さい。