永代供養は現代の風潮

ネット上での中傷は本来禁止事項です

今、ネット上では「炎上」流行りです。尤も「炎上」といってもそれは中小だけには限りませんが・・・。

 

その昔、約30年程前のことですが、個人もパソコンを持つようになり、今で言うブログが始まりました。
確かHPと呼んでいたと記憶しています。

 

その頃はネットを使う上でのマナーが決まっていて、書き込みをする時もネガティブなことや批判、中傷は禁止ということになっていました。
私の母は機械が好きなので、早速パソコンを買ってHPを作り、書き込みをしてくれる人も何人か出来てくれ、母からも訪問していたようです。
そのうち皆で会いましょうということになり、集まったら皆母と同じ40〜50歳のおじさん、おばさんで、中に一人だけ20代の青年がいたそうです。

 

母を含めて皆さんまだ初心者だったのですが、ある日急に知らない人から「使い方が稚拙だ。初心者ならもっと勉強してやり取りすべきだ」というちょっと訳のわからない書き込みが入りました。

 

既にネットもパソコンも使いこなしている人は、初心者同士のHPには参加しなければ良いだけなのに、わざわざそんな書き込みをしていくのです。
自分の名前やメアドを書かなくて良いからでしょう。

 

当時はこういった決まりがあったのですが、万人がネットを使うようになり、個人のブログの他に掲示板も沢山出来、中傷合戦が繰り広げられることも多くなりました。

 

一人一人が自分の中でアイデンティティを持ち、記名式と同じ気持ちでネットを使って欲しいと思います。
評判のいい誹謗中傷対策へご一報を下さい。